ニキビの薬

顎ニキビにルリッドは本当に効く?

更新日:

 

rokilide150_ptp

 

ニキビ治療の薬として皮膚科で処方されるものの中に、「ルリッド」があります。ルリッドは抗生物質で、ミノマイシンよりも副作用が少ないことで、皮膚科によってはよく処方される薬です。このルリッドは、顎ニキビにも効果があるのでしょうか。

ルリッドのニキビへの効果

ルリッドはマクロライド系抗生物質の抗生物質で、テトラサイクリン系抗生物質のミノマイシンよりも副作用の可能性が低いという特徴があります。また、抗生物質は長期的に使用するとデメリットがありますが、ルリッドはミノマイシンに比べると比較的長く服用することができます。

 

ルリッドも細菌のリボゾームに働きかけ、タンパク質の合成を阻害することで、細菌の増殖を抑えます。そのため、アクネ菌やマラセチア菌に作用するため、顎ニキビだけでなく、背中ニキビの治療にも使われます。

 

ニキビの症状としては、炎症した赤ニキビや膿がたまった黄ニキビに使われ、ニキビ以外にも皮膚感染症や耳鼻科感染症などの感染症の薬として使われます。

 

症状によって変わりますが、1,2週間分ほど処方されますが、即効性はないので1ヶ月以上服用することが多いようです。菌が耐性をもっている場合もあるので、効果が見られないこともあります。また、塗り薬と併用することもあります。

 

ルリッドの副作用

ミノマイシンより副作用が少ないといっても、副作用がないわけではありません。下痢や吐き気、発熱、発疹などの症状があらわれたら医師に相談するようにしましょう。

ルリッドの注意点

ルリッドもミノマイシンと同様に、抗生物質なので、耐性菌をもつことで効果が見られなくなったり、赤ニキビを一時的に治すだけなので、すぐに新しいニキビができてしまったりします。また、服用を止めた途端、再発するだけでなく前の症状より悪化してしまうこともあります。

※アレルギー体質の方や、妊娠中または授乳中の方は医師にその旨を伝えるようにしましょう。

まとめ

このようにルリッドなどの抗生物質はその場しのぎの薬で、根本的に改善できないことから、顎ニキビなどしつこく繰り返すニキビには、あまり良い解決策ではありません。薬よりは時間がかかってしまっても、スキンケアなどを見直して、肌のバリア機能を向上していくことが大切です。

>>肌のバリア機能をアップするための化粧品はこちら

 

しつこい顎ニキビにおすすめNo.1の「ビーグレン」

ニキビケア(本製品)

  • マイナスイオンの泥洗顔
  • 高濃度ピュアビタミンC
  • 独自の浸透技術

などなど、最先端の技術で繰り返す大人ニキビを撃退!

リピート率は驚異の98.5%!

今なら トライアルセットが1800円で、365日返金保証が付いているので安心して試せます。

注目記事

メダル 1

  顎ニキビにおすすめの化粧品は?   生理前のホルモンバランスの変化、ストレス、ひげ剃り、内蔵の不調などなど顎ニキビができてしまう原因は様々ですが、フジフイルムの研究によると、繰 ...

-ニキビの薬

Copyright© 繰り返しできる顎ニキビ撃退マニュアル , 2017 All Rights Reserved.