顎ニキビの種類・症状別

顎に膿の溜まった黄ニキビができてしまった!治し方と注意点

更新日:

黄色2

 

一言に顎ニキビといっても原因も様々であれば、種類もいくつかあります。その中でも膿の溜まった黄ニキビは悪化が進行したかなり状態の悪いニキビとなります。赤ニキビや黄色ニキビはかなり目立ってしまうので人目が気になってしまいます。それだけでなく、黄ニキビは間違った扱いをすると跡が残ってしまうリスクがあるので正しいケアと予防方法を知っておくようにしましょう。

黄ニキビとは?

では黄ニキビとはどういう状態なのでしょうか。黄色ニキビは初期段階の白ニキビから炎症が起きて赤ニキビとなり、それからさらに炎症が進み、化膿して黄色い膿が溜まった状態です。これは一見白い膿にも見えるのでこれが白ニキビであると勘違いされることもよくありまが、白ニキビと黄ニキビでは状態も対処法も全く違います。

 

 

毛穴の中にアクネ菌がいっきに増殖すると人間の血液中の好中球とアクネ菌が戦いを始めます。その結果アクネ菌と好中球の死骸が膿となってしまいます。

 

この黄色ニキビは非常に良くない状態で、炎症が激しいと毛穴の中の壁が壊されてしまい、ひどい痛みをともなうケースもあります。こうなると硬いしこりのような状態となります。

 

ではこの膿は最終的にどうなってしまうかというと、なんらかの拍子で膿が外に出て行くか、もしくは中で時間をかけて吸収されていきます。そして炎症が治まってもクレーターのような凸凹や色素沈着などのニキビ跡が残ってしまう可能性が非常に高いです。

顎に出来てしまった黄ニキビはどのように対処すればいいのか?

自分で潰すのはやめましょう

白ニキビの場合「ニキビの芯」を上手にとることによって早く治るというケースもありますが、黄色ニキビの場合はあくまでも芯ではなく膿なのでへたに自己流で潰すと跡が残ってしまうので、潰したくなる気持ちはわかりますが潰さないようにしましょう。また触れることも極力避けるようにします。顎やフェイスラインはついつい無意識に触ってしまったり、髪の毛があたってしまうことがよくありますが、雑菌が入ってしまい炎症が悪化してしまう原因となります。

スキンケア

顎のニキビは初期段階でケアすることが大切ですが、できてしまった以上はしかたありません。黄ニキビは炎症がかなり進行してしまっている状態なのでデリケートに扱ってあげるように気をつけましょう。洗顔はできるだけ無添加の製品を使う、また大人ニキビは乾燥と密接に関わっていることが多いので保湿をするということが大事です。

黄ニキビの治療

炎症がかなり進んでしまっている状態のため皮膚科では強めの抗生物質やステロイド剤で対処されることがあります。その他にもレーザー、ホルモン療法 、低容量ピルなどが治療法として挙げられます。抗生物質など治療法にはそれぞれデメリットもあるため化膿の状態などをふまえて医師とよく相談することが大切です。

まとめ

やはりニキビができたあとのニキビ跡はなんとしてでも避けたいですよね。私もよく顎に黄ニキビができて潰してしまっていましたが、色素沈着となり治るまでにかなりの時間がかかってしまうこととなりました。黄ニキビには極力触れないようにし、顎や口周りを清潔に保っておくことが大切です。炎症があまりにもひどくなってしまった場合は皮膚科の適切な治療を受けるというのも手です。

 

薬による治療はその場しのぎにしかならないので、顎ニキビを防ぐには日々のスキンケア、生活習慣に気をつけて初期段階である白ニキビ、黒ニキビを防ぐことが大切となります。身体の内側から改善したい場合は漢方を使ってみるのもいいでしょう。

>>顎ニキビに効果があった化粧品はこちら

しつこい顎ニキビにおすすめNo.1の「ビーグレン」

ニキビケア(本製品)

  • マイナスイオンの泥洗顔
  • 高濃度ピュアビタミンC
  • 独自の浸透技術

などなど、最先端の技術で繰り返す大人ニキビを撃退!

リピート率は驚異の98.5%!

今なら トライアルセットが1800円で、365日返金保証が付いているので安心して試せます。

注目記事

メダル 1

  顎ニキビにおすすめの化粧品は?   生理前のホルモンバランスの変化、ストレス、ひげ剃り、内蔵の不調などなど顎ニキビができてしまう原因は様々ですが、フジフイルムの研究によると、繰 ...

-顎ニキビの種類・症状別

Copyright© 繰り返しできる顎ニキビ撃退マニュアル , 2017 All Rights Reserved.