ニキビの薬

顎ニキビはリンデロンで治る?使うときの注意点

更新日:

rinderonvgo

 

ニキビ治療薬として皮膚科で処方されるものにはいくつか種類がありますが、その中でもニキビだけでなく皮膚疾患の方ならお馴染みの薬「リンデロンVG軟膏」があります。リンデロンは抗生物質もステロイドも含んでいるので即効性はすごいですが、それだけ副作用のリスクもあります。顎ニキビに使用する場合はそのリスクについて知っておきましょう。

リンデロンのニキビへの効果

ステロイド

リンデロンにはベタメタゾンというステロイドが含まれています。ステロイドは炎症をしずめてくれ、ニキビ跡になる前に短期間で炎症を抑えてくれます。ステロイドの強さは5段階あり、リンデロン-V、VGの場合は3番目に強い「ストロング」、リンデロン-DPの場合は、2番目に強い「ベリーストロング」とニキビ薬にしては強めのステロイドとなっています。

 

抗生物質

リンデロンに含まれているゲンタマイシンという物質が抗生物質の働きをし、ニキビの原因となるアクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺菌してくれます。また、ステロイドによって肌の免疫力が低下してしまいますが、その間、菌が感染するのを防いでくれる役割も担っています。

使用するときの注意点

ステロイドのデメリット

リンデロンVG軟膏にはステロイドが含まれているため副作用の可能性もあります。特に長期間使ってしまうと、副作用が出てしまうので、使う場合は短期間で使うようにしましょう。特にあごはステロイドの吸収率が他の部位より高いとされているので使い過ぎないなどの注意が必要です。また、ステロイドによって肌の抵抗力が低下するので、細菌やウイルスの感染によって症状が悪化することもあります。

 

>>ステロイドの詳細についてはこちら

 

抗生物質

抗生物質も使い続けると細菌が耐性をもち、抗生物質が効かなくなってしまうことがあります。

 

副作用としては、かぶれや発疹、めまい、毛穴の化膿、毛細血管が浮き出るなどあり、重い場合は白内障や視力の低下など目に現れることもあります。これらの症状が出た場合、すぐに受診するようにしましょう。

使用する場合は

リンデロンVG軟膏はネット通販などでも購入することは可能ですが、リンデロンが適する症状かどうか自己判断では難しいため、医師の指導のもと用法・容量を守ってから使用するようにしましょう。

 

また、外用薬のリンデロンの場合、妊娠中でも処方されることはありますが、事前に医師に相談することと、大量に使用しないように注意しましょう。

まとめ

リンデロンVG軟膏は悪化したニキビの特効薬として使われることはありますが、根本的にニキビを改善できるものではありません。特にしつこく繰り返す顎やフェイスラインのニキビは薬を止めたらまた再発してしまう可能性は高いのです。リンデロンを使用する場合はその役割とリスクを知ってから使用し、ニキビの根本的な原因の解明と正しいケアによって体質から改善していくようにしましょう。

>>顎ニキビを根本的に改善するための化粧品はこちら

 

しつこい顎ニキビにおすすめNo.1の「ビーグレン」

ニキビケア(本製品)

  • マイナスイオンの泥洗顔
  • 高濃度ピュアビタミンC
  • 独自の浸透技術

などなど、最先端の技術で繰り返す大人ニキビを撃退!

リピート率は驚異の98.5%!

今なら トライアルセットが1800円で、365日返金保証が付いているので安心して試せます。

注目記事

メダル 1

  顎ニキビにおすすめの化粧品は?   生理前のホルモンバランスの変化、ストレス、ひげ剃り、内蔵の不調などなど顎ニキビができてしまう原因は様々ですが、フジフイルムの研究によると、繰 ...

-ニキビの薬

Copyright© 繰り返しできる顎ニキビ撃退マニュアル , 2017 All Rights Reserved.