ニキビの薬

顎ニキビをロコイドで治療するときの注意点

更新日:

2646717M1096

皮膚科で処方されるステロイド系の薬に「ロコイド」というものがあります。ロコイドは比較的弱いステロイドの薬で、ロコイド軟膏0.1%という塗り薬としてよく使用されます。ここでは、そのロコイドの顎ニキビへの効果や副作用の可能性などをご説明していきます。

ロコイドの効果

ロコイドは、ニキビの炎症やかゆみ、腫れを鎮めてくれる効果のある薬で、塗り薬としてよく皮膚科で処方されます。ロコイドのステロイドは酪酸ヒドロコルチゾンという成分で、ステロイドの強さが5段階のストロンゲスト・ベリーストロング・ストロング・マイルド・ウィークとある中で、ロコイドは下から2番目のマイルドとなります。

 

皮膚科で医師の判断によって処方され、ダラシンTゲルがらロコイドに切り替えるというケースもあるようです。

 

ニキビ治療以外にも、皮膚炎や湿疹、乾癬の改善にも用いられ、ステロイドが比較的強くないことから、赤ちゃんの脂漏性皮膚炎の症状を改善するためにも処方される薬です。

 

副作用の可能性

ロコイドは比較的弱いステロイドなので、副作用のリスクは他の薬に比べると低いですが、ヒリヒリ感や発赤、そう痒感、毛包炎、乾皮様皮膚炎などの症状が出ることがあります。

 

また、ステロイドの薬は短期間で使用し、副作用が出る前にすぐに切り上げるような使い方をすることが望ましく、使い続けることによってデメリットがあります。ステロイドの薬を使用する際はこのようなデメリットを事前に知っておきましょう。

 

>>顎ニキビのステロイドでの治療についてはこちら

 

また、妊娠中・授乳中や現在他の薬を使っている場合などは、事前に医師に相談しましょう。

 

使用する際は

使用する際は説明通りに正しい使用法で使うことが大前提となります。必要よりも多くの分量を塗ってしまうことで肌荒れがひどくなる可能性もあります。また、粘膜の部分やひげ剃り後、化粧下への使用は避けるようにしましょう。

まとめ

以上がロコイドを使った顎ニキビの治療となります。まずは薬の正しい使用法と副作用のリスクを知っておかなければいけません。また、ステロイドは短期間でサッと使うようにし、繰り返す顎ニキビを根本的に治すには洗顔や保湿などのケアを見直していくことが重要です。

>>根本的に顎ニキビを改善するための化粧品はこちら

 

注目記事

メダル 1

  顎ニキビにおすすめの化粧品は?   生理前のホルモンバランスの変化、ストレス、ひげ剃り、内蔵の不調などなど顎ニキビができてしまう原因は様々ですが、フジフイルムの研究によると、繰 ...

-ニキビの薬

Copyright© 繰り返しできる顎ニキビ撃退マニュアル , 2018 All Rights Reserved.