オルビス ビーグレン

ビーグレンとオルビスを徹底比較!

更新日:

 

ビーグレンオルビス

 

ニキビケア化粧品として昔からあるオルビスと先端の浸透テクノロジーを採用したビーグレン、どちらもよく売れている化粧品ですが、実際に使用してみたところ、全然違う化粧品ということを実感しました。

 

最初はどちらを選べばいいのか迷ってしまうという方も多いと思います。ここでは、そんなビーグレンとオルビスクリアシリーズを分析して比較したことをまとめていきます。

ビーグレンとオルビスの違い

ビーグレンのコストや成分をそれぞれ比較してみました。

 

 ビーグレン
びs
オルビス
orubusu
購入価格・トライアルセット(1週間分)
1,944円(税込)

・洗顔料
4,104円(税込)

・化粧水
4,320円(税込)

・美容液
5,076円(税込)

・ゲルクリーム
6,480円(税込)
・トライアルセット(3週間分)
1,296円(税込)

・洗顔料
1,404円(税込)

・化粧水
1,620円(税込)

・保湿液
1,836円(税込)
有効成分グリチルリチン酸ジカリウムグリチルリチン酸2K
返金保障365日30日
特記事項高濃度ビタミンC配合和漢エキス、オイルカット

 

コスパがいいのは?

コスパがいいのは圧倒的にオルビスの勝利となります。表を見てもらえればわかるように、大人ニキビ専用化粧品の中でもオルビスクリアシリーズはかなりコスパがいい化粧品で、逆にビーグレンはかなり高級志向な化粧品となります。

 

ただ、どちらも返金保証が有り、ビーグレンに関しては365日返金保証がついているという点は安心できます。

 

使用感の違い

使用感もコストと同じように真逆といっても過言ではありません。ビーグレンの使用感は独特で、若干ベタつくことやニオイも特徴的です。ただ、保湿力はあるので、乾燥肌・混合肌の人には適しており、特に顎や口周りのニキビとしてはピッタリと言えます。

 

それに対して、オルビスはエタノールも入っていることもあり、かなりさっぱりとした使用感で、ニオイも気にならず、シンプルな使用感でした。

オルビスのクリアモイスチャーには、さっぱりタイプとしっとりタイプが選べるようになっていますが、しっとりタイプを選んでも他の大人ニキビ化粧品と比べるとさっぱりとした使用感でした。脂性肌などさっぱりした使用感を求めている場合にはオススメです。

 

結果効果があったのは?

乾燥肌の私が個人的に効果を感じることができたのは圧倒的にビーグレンでした。ビーグレンはただ単に値段が高いだけでなく、ピュアビタミンCなど高濃度で含まれていて、さらにそれを浸透させることができるので、値段に値する価値は十分にあると感じました。

ビタミンCの力によって、ニキビ予防だけでなく、赤ニキビやニキビ跡、美白などの効果があるという点も評価できます。

ビーグレンとオルビスの比較まとめ

同じ大人ニキビ用化粧品のビーグレンとオルビスですが、こんなにも違うものかというほどコストも使用感も両極端でした。ただ、顎やフェイスラインに繰り返しできてしまう大人ニキビにはビーグレンがオススメです。

>>ビーグレンのトライアルセット検証記事はこちら

 

また、オイリー肌などで、さっぱりとした使用感の化粧品が使いたいという場合には、オルビスがいいでしょう。

>>オルビスのトライアルセット検証記事はこちら

 

ビーグレンを使いたいけど、コストがネックになってしまうという場合には、保湿力もあり、コスト的にも悪くない(オルビスには負けますが)ルナメアACが適しています。

>>ルナメアACについてはこちら

 

注目記事

メダル 1

  顎ニキビにおすすめの化粧品は?   生理前のホルモンバランスの変化、ストレス、ひげ剃り、内蔵の不調などなど顎ニキビができてしまう原因は様々ですが、フジフイルムの研究によると、繰 ...

-オルビス, ビーグレン

Copyright© 繰り返しできる顎ニキビ撃退マニュアル , 2018 All Rights Reserved.