ビーグレン ルナメアAC

ルナメアACとビーグレン大人ニキビに効くのはどっち?

更新日:

 

ルナメアビーグレン

 

大人ニキビに定評のあるルナメアACビーグレンを比較してみました。

どちらも超微小カプセルを使うことで角層まで成分を届けることができたりと、時代の先端をいくニキビ化粧品ですが、コスト、使用感、効果など色々と違う点は多く、結局どちらが大人ニキビに効果的なのか?という点について検証していきます。

 

ルナメアACとビーグレンを徹底比較!

まずは各項目について比較してみました。

 

 ルナメアAC
るs
ビーグレン
びs
購入価格・トライアルセット(1週間分)
1,080円(税込)

・洗顔料
2,041円(税込)

・化粧水
2,138円(税込)

・ジェルクリーム
2,332円(税込)
・トライアルセット(1週間分)
1,944円(税込)

・洗顔料
4,104円(税込)

・化粧水
4,320円(税込)

・美容液
5,076円(税込)

・ゲルクリーム
6,480円(税込)
有効成分グリチルレチン酸ステアリル

トコフェロール酢酸エステル
グリチルリチン酸ジカリウム
返金保障なし365日
特記事項アクネシューターで角層まで浸透浸透技術のQuSomeを採用

 

費用の比較

コスパ的には一目瞭然ですが、ルナメアACの方がかなりお得です。もともとルナメアACは化粧品の中でも安い方の部類に入るのですが、やはりビーグレンの高級感は否めません。

 

ただ、ビーグレンのクリームは伸びがよく長持ちするということと、定期的に行っているセールを活用するともう少し安く手に入れることは可能です。また、トライアルセットは1800円(税抜)で返金保証が365日ということで、試してみて効果を実感できれば継続してみる価値はあると思います。

 

実際に使ってみた使用感

洗顔料はルナメアACはカオリン、ビーグレンはモンモリロナイトというクレイ(泥)を使っていて、優しい洗い心地で、化粧水やクリームも保湿力があり、顎や口周りにできる大人ニキビには最適でした。

 

使用感的には、クセのないルナメアACの方がかなり使いやすく感じました。ビーグレンは洗顔・化粧水・美容液・クリームと4ステップあることで手間が多いということもありますが、独特のベタつきやニオイがあり、個人的には気になりませんでしたが、口コミにベタつきやニオイが苦手という声がいくつかありました。

 

効果があったのは?

個人的にどちらも使った上で、顎やでフェイスラインに繰り返す大人ニキビに効果をより感じることができたのは、ルナメアACでした。ルナメアACはファイバースクラブなど毛穴ケアに注目しているということで、毛穴が小さいあごなどにできるニキビには効果的でした。

 

一方ビーグレンは、やはりビタミンC誘導体よりも効果的なピュアビタミンCが入っているというところが強みです。炎症ニキビやニキビ跡にはビーグレンの方がオススメで、ビタミンCの力により、ニキビ以外にもたるみやくすみにも効果があるという点が他の化粧品よりも優れています。

ルナメアACとビーグレン比較まとめ

結論として、あごなどのUゾーンに繰り返す大人ニキビのループを絶ちたいという場合には、ルナメアACをオススメします。コスト的にも使用感的にもかなり使いやすい化粧品といえます。

>>ルナメアACのトライアルセット検証ページはこちら

 

炎症した赤ニキビ、ニキビ跡の改善やニキビ以外の肌の悩みに重点を置く場合はビーグレンが効果的です。値段はお高めですが、まずはトライアルセットから試してみるのがいいでしょう。

>>ビーグレンのトライルセット検証ページはこちら

 

しつこい顎ニキビにおすすめNo.1の「ビーグレン」

ニキビケア(本製品)

  • マイナスイオンの泥洗顔
  • 高濃度ピュアビタミンC
  • 独自の浸透技術

などなど、最先端の技術で繰り返す大人ニキビを撃退!

リピート率は驚異の98.5%!

今なら トライアルセットが1800円で、365日返金保証が付いているので安心して試せます。

注目記事

メダル 1

  顎ニキビにおすすめの化粧品は?   生理前のホルモンバランスの変化、ストレス、ひげ剃り、内蔵の不調などなど顎ニキビができてしまう原因は様々ですが、フジフイルムの研究によると、繰 ...

-ビーグレン, ルナメアAC

Copyright© 繰り返しできる顎ニキビ撃退マニュアル , 2017 All Rights Reserved.