年代別顎ニキビ改善法

10代の思春期の顎ニキビの原因と治し方

更新日:

stockfoto_43003342_S

 

顎やフェイスラインなどのUゾーンに繰り返しできるニキビは大人ニキビによくある特徴で、生理前のホルモンバランスの乱れや乾燥、ストレスなどが原因とされています。それに対して10代の思春期ニキビは顔中に現れ、特に額などTゾーンによくできるとされています。しかし、思春期ニキビでもあごにニキビができることはよくあります。ここではその思春期特有の顎のニキビについて原因と改善法をご紹介します。

思春期の顎ニキビの原因は?

思春期のニキビは大人ニキビと原因が違います。思春期にできるニキビは皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まり、そこにアクネ菌が繁殖してニキビができるというのが一般的な思春期ニキビのメカニズムで、遺伝的な体質がかかわってくる場合が多いようです。

 

また、思春期には成長ホルモンが増えるため男性ホルモンの分泌が増え、ホルモンバランスが乱れてしまう傾向があります。これは女性でも同じで男性ホルモンの分泌が増えることがあります。このホルモンも過剰な皮脂分泌の原因のようです。

顎ニキビを治すには?

思春期ニキビと大人ニキビは原因が違うということはその対処法も異なります。たとえば、大人ニキビは乾燥が原因であることが多いため、皮脂をとりすぎず保湿することが大切ですが、思春期ニキビは過剰な皮脂を取り除くために洗浄力の強いニキビ用化粧品を使うことが好ましいです。

 

つまり間違ったニキビケアを行ってしまうとニキビがさらに悪化してしまう恐れがあります。まずは自分の肌質を知って、自分に合ったニキビ用化粧品を使うようにしましょう。

 

ここでは思春期ニキビの主な原因である過剰な皮脂分泌によるオイリー肌の人向けの対処法をご紹介します。

>>乾燥肌の人の顎ニキビ対処法はこちら<<

 

洗顔

もちろんしっかりと洗顔をして肌を清潔に保つことが大事です。ただし、洗顔はやりすぎると逆に肌を乾燥させないために皮脂を分泌しようとしてかえってオイリー肌になってしまうことがあります。洗顔は1日に2回までとしましょう。どうしても皮膚が油っぽくなってきてしまう場合はあぶらとり紙でこまめにとるようにしましょう。

 

・洗顔料・・・洗顔料は洗浄力があり、皮脂をしっかり落としてくれるものを選びます。使用するときは、多すぎても少なすぎてもよくありません。また、泡立てネットを使って泡立てることも大切です。洗い終わったら清潔なタオルでやさしく拭き取るようにしましょう。

 

・化粧水・美容液・・・オイリー肌であっても保湿することが大事です。アクネ菌の栄養となってしまう油分の少ない化粧品を選びましょう。また、化粧水を使うときは皮脂の分泌を抑えるビタミンC誘導体が入っているものがおススメです。

生活から改善

過剰に皮脂を分泌してしまうのはもちろん遺伝的な要因もありますが、食生活やスキンケアが原因の場合もあります。

 

例えば、チョコレートなど甘いものの食べ過ぎやファンデーションの油分が原因であることもよくあります。甘いもの好きには辛いですが、できるだけ甘いものは控え、ファンデーションをどうしても使いたい場合はパウダータイプにするといいでしょう。

まとめ

今回は顎のニキビの中でも10代の思春期ニキビについてお話ししました。私管理人は10代のときの思春期ニキビも20代からの大人ニキビもどちらも経験してきました。やはり原因やニキビのできる位置はそれぞれ別々でした。まずは自分の肌質をチェクし、原因を探ってみましょう。間違ったニキビケアはさらに悪化してしまう事態になるかもしれません。原因がわかりにくい場合は一度皮膚科の先生に相談してみるのがいいかもしれません。

 

しつこい顎ニキビにおすすめNo.1の「ビーグレン」

ニキビケア(本製品)

  • マイナスイオンの泥洗顔
  • 高濃度ピュアビタミンC
  • 独自の浸透技術

などなど、最先端の技術で繰り返す大人ニキビを撃退!

リピート率は驚異の98.5%!

今なら トライアルセットが1800円で、365日返金保証が付いているので安心して試せます。

注目記事

メダル 1

  顎ニキビにおすすめの化粧品は?   生理前のホルモンバランスの変化、ストレス、ひげ剃り、内蔵の不調などなど顎ニキビができてしまう原因は様々ですが、フジフイルムの研究によると、繰 ...

-年代別顎ニキビ改善法

Copyright© 繰り返しできる顎ニキビ撃退マニュアル , 2017 All Rights Reserved.