顎ニキビの種類・症状別

顎の赤ニキビが治らない!跡にならないための注意点

更新日:

赤ニキビ

 

顎やフェイスラインにできるニキビの中で赤みがあり、痛みや痒みがある赤ニキビに悩まされているという人も少なくなりません。赤ニキビは何度もでてきてしまったり、痛みなどもあるので、顎にできてしまうと本当に嫌になりますよね。しかし、赤ニキビは放っておいたり、間違ったケアをしてしまうと長い間残ってしまうニキビ跡になってしまうため、注意しなければなりません。ここでは、そんな顎ニキビの原因や治し方などをご紹介していきます。

どうして赤ニキビができてしまうのか?

ニキビが出来る時はまず最初に毛穴が皮脂などによってふさがり白ニキビとなります。そしてその皮脂を栄養としてアクネ菌が繁殖していきます。アクネ菌が増えたことで遊離脂肪酸というものが発生し炎症を加速してしいき、この状態が赤ニキビということになります。

顎の赤ニキビの治し方

顎にできてしまった赤ニキビを改善するには白ニキビを防ぐ場合と同様で、正しい洗顔やスキンケアを行う、生活習慣から改善する、などが必要です。そしてできてしまった赤ニキビは白ニキビと違い絶対に潰さないようにしましょう。

>>白ニキビの改善法はこちら<<

また、漢方を使用するのも有効な場合があります。赤ニキビには「清上防風湯」(せいじょうぼうふうとう)などの漢方がいいとされています。

できるだけ早く治したい場合は?

顎ニキビの赤みをできるだけ早く治療したいという場合は一般的に薬、ケミカルピーリングによる治療があります。

 

内服薬や外服薬がありますが抗菌薬などは皮膚科による処方が必要なので、ドラッグストアなどで購入したい場合はグリチルリチン酸など炎症を抑えてくれる成分が入っているニキビ治療薬を選ぶようにします。また、病院で処方してもらう場合は抗生物質や炎症がひどい場合はステロイドなどがあります。

 

※ただし、抗生物質は肌にとって必要な菌まで死滅させてしまうため肌の再生力に悪影響が及んでしまったり、ステロイドは抵抗力が落ちてしまったり副作用がある可能性があるため使用する場合は医師とよく相談の上で使用しましょう。

 

これらの薬による治療は一時的に顎の赤ニキビを解消する手段として用いられますが、根本的な原因が解決できていないとまた繰り返し出てきてしまいます。まずはニキビのできにくい体質に改善して皮膚の再生機能を高めていくことが大切です。

まとめ

本来ならニキビの初期段階である白ニキビをつくらない、または白ニキビの段階で治すということが大切でが、一度出来てしまった赤ニキビは今後もニキビ跡や色素沈着となって残り続けてしまうという恐れがあります。刺激を与えたりせず、できるだけ早めのケアをこころがけましょう。

>>赤ニキビに効果があった化粧品はこちら

 

しつこい顎ニキビにおすすめNo.1の「ビーグレン」

ニキビケア(本製品)

  • マイナスイオンの泥洗顔
  • 高濃度ピュアビタミンC
  • 独自の浸透技術

などなど、最先端の技術で繰り返す大人ニキビを撃退!

リピート率は驚異の98.5%!

今なら トライアルセットが1800円で、365日返金保証が付いているので安心して試せます。

注目記事

メダル 1

  顎ニキビにおすすめの化粧品は?   生理前のホルモンバランスの変化、ストレス、ひげ剃り、内蔵の不調などなど顎ニキビができてしまう原因は様々ですが、フジフイルムの研究によると、繰 ...

-顎ニキビの種類・症状別

Copyright© 繰り返しできる顎ニキビ撃退マニュアル , 2017 All Rights Reserved.